深絞り板金部品

板金部品の深絞り加工が必要な理由トップ5

板金製造は、板金をさまざまな部品や物体に成形するプロセスです。板金加工はさまざまな形状やサイズを取ることができますが、追加用途のために特定の幾何学的特徴を備えた小さな部品を作成するために最も一般的に使用されます。小規模な工場であっても大規模な製造施設であっても、コスト効率、再現性、製作時間の短縮などの特性は、深絞り板金部品が必要な理由のほんの一部にすぎません。メリットを理解すると、 深絞り板金部品、あなたとあなたのビジネスに新たな機会が開かれます。このブログ投稿では、シート メタル パーツを深絞りする必要がある 5 つの理由について説明します。

費用対効果が高いです。

深絞り機への投資を決定する場合、それがビジネスにもたらすメリットを理解することが重要です。費用対効果は、深絞り部品への投資の最大の利点の 1 つです。深絞り板金部品のプロセスでは、スタンピング、プレス、打ち抜きなどの他のプロセスよりも必要な材料が少なくなります。つまり、無駄が少なくなり、ユニットあたりのコストの削減につながります。深絞りシートメタル部品は、複雑な形状を製造できるため、コスト効率も高くなります。スタンピングやダイカットとは異なり、深絞り部品は想像できるほぼあらゆる形状に成形できます。大量の注文を生産している場合、ユニットあたりのコストが削減されるため、コストが削減され、より高い利益が得られます。これにより、ビジネスに大きな変化がもたらされ、確実に成功する可能性があります。

複雑な形状やデザインを作成できます。

パーツを設計するときは、パーツが完璧にカットされていることを確認する必要があります。設計が正確でない場合、部品が適切にフィットしない、または意図したとおりに機能しない可能性があります。深絞り部品は、金型が成形マンドレル上でシートメタルを引き伸ばす機能を備えているため、複雑な形状やデザインを作成するのに最適です。金属を引き伸ばすことにより、金型はキャビティを作成し、そこから部品が金型の内側から引き抜かれます。部品がキャビティから引き抜かれると、金属が元の状態に戻り、完璧なデザインが作成されます。金型はキャビティを備えて設計する必要があり、そうでないと部品が変形してしまうことに注意することが重要です。

再現性が重要です。

部品や部品を設計するときは、大量に製造する必要があることに留意することが重要です。部品を大量に製造していない場合は、それらの部品を製造するための時間、労力、または投資の価値がない可能性があります。深絞り部品は1つの金型で設計されるため、再現性よく製造できます。必要なのは、金型を複製し、必要に応じてわずかな調整を行うことだけです。同じ金型で部品を作るので、同じ模様・デザインで出来上がります。これにより、各パーツがまったく同じになることが保証されます。これは、組立ライン、自動車車体工場、または完全に同一の部品が必要な生産環境での部品の作成に最適です。

ビルド時間は短いです。

部品の構築時間は、製品を設計および作成する際に考慮すべき重要な要素です。部品を早く作ることができれば、より多くの製品を 1 日に生産できます。機械や工具はメンテナンスが必要な貴重な資産です。遅いプロセスで大量に生産しようとすると、時間内にジョブを完了できない可能性があります。深絞り部品は、加工する材料と使用する設備が少ないため、他のプロセスよりもはるかに迅速に製造できます。深絞り部品の製造に必要なのは、金型、成形マンドレル、その他いくつかの重要な機械だけです。これにより、部品を迅速かつ効率的に生産できるようになります。

耐久性のある強固な部品を作ることができます。

板金部品は、さまざまな厚さと金属で作成できます。それはすべて、パーツにしたいデザインと形状によって異なります。金属が厚ければ厚いほど、部品の強度は高くなります。部品を設計するときに、強くて耐久性のある部品を製造するために必要な金属の厚さを決定できます。厚い金属板を使用すると、部品が破損したり曲がったりする可能性が高くなります。深絞りパーツは、加工する材料が少なくなるため、より耐久性のある強力なパーツを作成します。機械は単に金属を引き伸ばして、部品を引き抜くためのキャビティを作成します。材料が少ないほど、部品の強度と耐久性が高くなります。

結論

板金部品の深絞りプロセスは、あらゆる製造環境で実装する必要があります。板金部品の深絞り加工が必要な 5 つの理由を理解すると、なぜそれが必要なのかが正確にわかるでしょう。深絞り部品はコスト効率が高く、あらゆる設計で作成でき、再現性があり、迅速に生産でき、強力で耐久性のある部品を作成できます。製造プロセスを改善する方法を探している場合、深絞り機械に投資することは素晴らしいアイデアです。