深絞りプレス成形

深絞り成形サービス

板金ストックをプラグの周囲に引き伸ばす。 ディープドローフォーミング 従来の金型技術を使用した部品。ブランク(延伸されたシートメタルストック)は、従来の金型技術を使用して、油圧プレスまたは機械プレスでプラグの周りに延伸される。ブランクは、エッジをトラップしながらスライドできるように、リング状の工具面を使用して延伸されます。ブランクホルダーはブランクの片側に配置され、成形ダイは反対側に配置される。プラグはブランク・ホルダー・リングを通過して、ダイ・リングのキャビティに所望の深さで入り、所望の端部形状を形成する。部品の寸法は、プラグの形状、ダイスの形状、部品の絞り深さに基づいて計算される。エンクロージャー、缶、カップ、キャニスター、コンテナ、カバー、モーターシュラウド、タンク、シェルなどの用途では、疲労に強い部品を作り、均一な金属厚を確保するために、従来のドロー成形よりもスピニング加工が好まれます。

当社のプレス機では、「プリフォーム」と呼ばれる予備成形を行うことができます。この予備成形を行うことで、金属スピニングを容易にし、より複雑な形状の成形を可能にします。また、各工程の長所を生かすことで、材料への負担を最小限に抑えることもできます。深絞り加工とスピニング加工を組み合わせることで、深絞り加工やスピニング加工だけでは作れないような部品を作ることができます。

718インコネル、およびステンレス鋼シリーズ304、304 DDQ、316、410、430は、カスタム部品の作成に使用されます。最大368 tのパンチ力と10 ksiの圧力で、当社の最新鋭の設備は、公差+/-.020 inおよび+/-.030 in、特定の状況では+/-.010 inのカスタム部品を作成します。最大パンチ直径は12インチ、ブランク直径は15インチに達することがあります。ハイドロフォームによる絞り加工部品は、高さ7インチまで作成できます。部品に穴加工、プレス加工、溶接継手、金属研磨が必要な場合は、当社の二次プレス加工、スピン成形、機械加工、溶接、金属仕上げサービスをご利用いただくと、時間とコストを節約できます。

延伸工程は材料の特性に影響される。例えば、脆い材料や非延性材料は、室温で延伸することはできない。延伸加工を行う場合、焼戻し(硬化)および/またはひずみ硬化を行うアルミナや鋼(DQまたはDeep Draw Quality鋼、ステンレス鋼、および'O'条件アルムニウム)は、成形性が高いため好ましい。DQ材と成形可能な調質材は、一般に安定性が高く、より滑らかな結晶粒構造を持ち、高い弾性を提供するため、材料の成形が容易になり、ダイスの摩耗や経時的なメンテナンスが少なくなります。