金属プレスの驚くべき精度を探る

金属プレスは、多用途で広く使用されている製造工程であり、様々な産業向けの複雑で複雑な部品を作成する際の卓越した精度で有名です。自動車部品から電子機器まで、このプロセスの精度は、私たちが金属部品を設計・製造する方法を変えました。この記事では、金属プレスの魅力的な世界を掘り下げ、この技術がいかに精密であるかを検証します。高度な金型技術 金属プレス加工の精度は、採用される最先端の金型技術から始まります。コンピュータ支援設計(CAD)とコンピュータ支援製造(CAM)システムにより、綿密な計画と各スタンピング作業の正確な実行が可能になります。このような高度な技術水準により、プレス加工で使用される金型は、...

記事を読む
エンドカバー

金属プレス加工の特徴と用途は何ですか?

定義 スタンピングとは、プレス機に設置された金型を使用して、金型内に配置されたシートに変形力を加え、シートを金型内で変形させ、一定の形状、サイズ、性能の製品部品を得る生産技術です。スタンピングは室温で行われることが多いため、コールドスタンピングとも呼ばれます。スタンピングとは金属の加圧加工法の一つです。金属の塑性変形理論に基づいた材料成形工学技術です。スタンピングの素材はシートや帯状のものが一般的であるため、シートスタンピングとも呼ばれます。スタンピングプロセスとは、具体的な方法を指します…

記事を読む
リテーナーシーリング

金属プレス加工に必要な3つの条件

金属プレス部品に使用される材料はプレス工程と密接な関係があり、その性質はプレス工程の設計、金属プレス部品の品質、製品の耐用年数に直接影響し、組織のバランスの取れた生産とプレス部品の生産コストにも影響する。金属プレス材料を選択する時、まず金属プレス部品の使用要求を明確にする必要がある。一般的に言って、機械の主要なプレス部品には、材料に高い強度と剛性が要求される。電化製品の一部のプレス部品には、高い導電性と透磁率が要求される。

記事を読む
ボビンチューブ

深絞り加工にはどのような種類がありますか?

金属引き抜きプロセスは、実際の状況と組み合わせて、品質、強度、環境、生産のすべての側面を総合的に考慮し、合理的なプロセス計画を選択する必要があります。そうすることで、生産は、確実な品質を確保することに基づいて、プロセス投入量を可能な限り削減できます。図面に基づいて製造が行われていること。金属深絞り加工の種類 シリンダー引き伸ばし:フランジ付きシリンダーの引き伸ばし。フランジと底部はともに直線であり、円筒は軸対称であり、変形は同一円周上で均一であり、フランジ上のブランクは深絞り変形である。楕円伸び:フランジ上のブランクが伸びて変形しますが…

記事を読む