ステンレスチューブ

深絞りプレス加工に使用される素材とは?

★深絞りスタンピング:深絞りスタンピングは特殊なスタンピング方法です。原理は、プレスや金型を使ってシート、ストリップ、パイプ、異形材に外力を加えて塑性変形や剥離を引き起こし、必要な形状とサイズのワークピースを得るというものです(スタンピング)。ただし、深絞りスタンピングは、一般的な連続スタンピングや単動スタンピングとは大きく異なります。まずは金型です。金型はパンチとダイで構成されます。 1 つのステーションには 2 つの金型があり、通常は最大 18 ステーションです。金型を設計する際には、通常、すべてのステーションを使用することが考慮され、製品の成形がより困難になります。

記事を読む